松野兄弟万年筆奇譚第二回 ミラーボールと登山のあいだ

picture_pc_09c42ade44df23d649d7557e2953c687

 

万年筆オタクによる独断と偏見の松野兄弟万年筆&インクセレクト、第二回はトッティこと松野トド松くんです。

写真の画像はパーカーアーバン。クールマジェンダ超いい色なんだよね……。アーバンのえっちなシルエットに対して赤やピンクを持ってくるとセクシーになりすぎそうなところを、このクールな光沢感がスッと引いた視座を作っていて、アーバンの中で一番格好良いと思うというか、アーバンって形が独特すぎてわりとダサくなりがちで、パキッと仕上げたほうが絶対かっこいいと思うんだけどね。クールマジェンダが一番良いと思います。

アーバン、きゅっとくびれたシルエットが最高にセクシーな一本で、スタバァは(たぶん)アメリカ資本だしアメリカ万年筆からということで……「なんだかちょっと気になるけど、明るくてやさしそうなのにクールでミステリアス」というイメージ。これくびれた胴軸を握ると持ちやすいというプロダクトデザインなんですが、胴軸を握らない人にとっては全然それ持ちやすくないんですよ! 全然万人向けではない! 「こっちは寄せてるよ、君はそれにちゃんと乗っかれるかな」って試してくるペン……。挑発的……。

 

ていうのが多分トッティの「こうでありたい自分」じゃないかなって思いました。

 

それにエルバンのカーマインを合わせています。

リンク先だとよくわかんないですがこのインク、金色の偏光があり、ぎらぎら光ります。トド松のミラーボール状の自意識をイメージして入れました。

クールマジェンダもカーマインも分類としては赤なんですが、万年筆インクのぱっと明るい赤のセクシーな感じはトド松によく似合うと思います。持ってないけど色彩雫の紅葉も似合いそう。神戸インク物語なら元町ルージュ。国内のインクのピンクは「愛らしい」に傾きがちなので、トド松は明るいセクシーさを含みながらぱっきりと素直な赤が似合うと思います。そのうちネチネチ書きますが対照的におそ松兄さんはどこかに昏さを隠し持ちながらも甘い赤ってイメージ。

 

続いてもう一本。クリア―キャンディメタリックピンクに色彩雫の山栗

クリア―キャンディは廃番になってしまいましたねえ……。ネットではすっかり見かけなくなりましたが、文具店にはまだ結構あるのでみかけたら一本どうぞ、セーラーの1000円万年筆です。とびきりキュートでポップで、そして昭和の匂いがして、意外とごつい復刻商品。

廉価帯でねじキャップ(廉価帯万年筆は気軽に使いたいし、高額帯帯の万年筆がねじキャップなのは家でゆっくり使うからいいけど、そうするとクリア―キャンディの立ち位置が……)というどう扱ったらいいのかわからない立ち位置と軸の微妙な太さが災いした印象で、さらに1000円帯のライバル・カクノのバカ売れに完全に食われ、同じセーラーでもハイエースネオのほうが取り回しも利くし……ていうかハイエースネオが一松くんでカクノがおそ松兄さんのイメージなんですが要するにそういうところも含めて……あの……って気持ちもあります。トッティは要らない子なんかじゃないよ!

逆に言うとクリア―キャンディもアーバンと同じく、「僕の都合のほうに、みんなが合わせてよ、僕はちゃんとみんなの都合を考えて合わせてるんだから」ってペンで、はっきりとした「意思」のあるペン、だと思います。自立心が旺盛なあまり存在することからログアウトしてしまったクリア―キャンディちゃん、手に入るうちにお求めください……。

わたし結局クリア―キャンディ四本も買ったんだな使わないのに……もう二本くらい欲しいんだよな……どうしようかな……。

メタリックピンクはクリップや天冠が青くて、自意識を見る限り結構カラ松くんのことをなんだかんだで慕ってるっぽいトド松にこれを持ってくるのはわりとせつないなって思いながら眺めています。別にトッティのために買ってきたわけじゃなくて、うちに、あったのです……。そしてクリア―キャンディのなかではメタリックピンクがいちばんトッティに似てるよ……。

色彩雫の山栗はトド松の本当は地味な趣味が好きで堅実志向という側面のことを考えながら選びました。本当にうっすら赤みがかっていて静かな秋のさみしい切なさが混ざった、さらりとしたセピアで、いい色です。

 

プラチナ 富士五湖シリーズ 西

これをトッティに持って行かないわけに行くまい! わたし富士五湖精進しか持ってなくてそれはカラ松兄さんに割り当てられてるけどね(精進は青みがかってるからトド松には割り当てられない)。西欲しい……超欲しいと言いながら発売からずっとウダウダしてるんだけど買うならそろそろ買わないといいかげん買えなくなる……。近所の本屋に売ってるけど……。本栖は絶対手に入らないと思うけど山中はしょうじき十四松だと思うし河口に何がくるかこわくてたまらない……。

トッティはほんとプラチナだと思うんですよ。全体的に決して悪くないしそつもないしきれいにまとまっているのにどこか何かが足りないんだけど、堅実なんだからそれでいいんだよ、って思うけど、堅実に堅実に頑張りすぎてちょっと暴走もしちゃう……。まじめで責任感も強いのに、どっか抜けてて、ええかっこしいで、そしてすごく優秀な男の子であるところのトド松にはあっけらかんとした澄み切った富士五湖の軸と堅実さ堅牢さを絵に描いたような3776のニブはほんとうに似合う。

インクはダイアミンのホープピンクっきゃない(持ってないけど)。希望の星! トッティ!

 

というわけで第二回でした。あと四人だよ! 楽しい以外の感想がない!

松野兄弟万年筆奇譚第一回 紫色でしかありえない君

13285330_213418479051070_1660152270_n

 

万年筆オタクはたくさん万年筆と万年筆インクを持っています。

さて、おそ松さんというアニメには六つ子が出てきて、それぞれテーマカラーが決まっています。アイドルグループあるいは戦隊ヒーローみたいですね。

怒涛のようにアニメを観終わって、アニメ見てる最中万年筆どころではなかった(興奮して振り回してぶつけてニブ曲げそうだった)(実際やったことある)のでしみじみと久々に大量洗浄していて、ふと気づくと

「おそ松……カラ松……カラ松……カラ松……十四松……チョロ松……待ってあと二人もいるはず」

 

そう。

手持ちの万年筆とインクを六つ子に仕分けてしまったのだ!!!!!!

 

オタク趣味とオタク趣味のコンボが決まってとてもつらい顔をしています。哉村哉子です。せっかく仕分けたので手持ち万年筆とインクを誰に振ったかという話をしようと思います。

第一回は一松くんです。

なぜ第一回が一松くんかというと、中途半端な色のインクが超似合うからです。むしろ中途半端な色が似合う子は六つ子のなかに一松くんくらいしかいないと言ってもよい。そして一松くんに似合う色をほかの子に持って行ってもなんとなくしっくりこない。ムーンシャドウはもちろん一松くん、ラマンももちろん一松くん、紫式部もやはり一松くんということにせざるを得ない。そう、他の六つ子は紫が似合わないのです! びっくりするほど! いや、服で似合うかどうかとかじゃなくて!

一松くんの魂は紫色をしており、一松くん以外の五人の魂は紫色をしていない!

 

エルバン ムーンシャドウ

ほんともうこれ一松くんですよね。むしろこのインクの名前が松野一松でいいよね。「月の塵」を「ムーンシャドウ」と訳すセンスからしてもう照れ屋の一松くんっぽいし、その上で「月の塵」彼持ってそうじゃないですか、子供の頃に行った夜店とか、古道具屋の片隅に転がってたとか、なんかそういう理由で「月の塵」という名前の石かなにかを持っている一松くん、めちゃくちゃありそう。

ざらっとした質感のある紫で、派手さも暗さも感じさせない、寄り添う影のようなインクです。フローが渋いのも無口な感じで一松くんっぽい。一松くんのロマンティックさとペシミスティックなところとペーソスと甘えを全部くるんで静かに兄弟の一番後ろで微笑ませたらこういう色っていう色です。松野一松~! 一松くんの香水ムーンシャドウみたいな匂いなんでしょ!? 嗅いだことないけど知ってる~!

色彩雫 紫式部

外面はきれいで品がいいけど一筋縄ではいかないところのある女性、というのが紫式部(本人)のイメージなんですが、それにもうすこしパイロット的なぱあっとした明るさを加えた上で、パイロットインクなので水であり、青寄りの紫であるところも含めて本心では結構カラ松にあこがれているし脳内はやかましいし、そして脳内がやかましいわりにうじうじはしていてもゲスいところはないこどもじみた潔癖さと潔癖さに見合うこともできない自分に対するジレンマみたいなところを含めてダッバア……って流れ出るインク……って感じです。紫式部(インク)みたいになれたら友達だってできてるのにねー!

ブングボックスオリジナルインク L’Amant

ラマン、愛人、という名前のインクで、一松くんこの言葉ちょうーーーーーーーにあうよねえーーーーーーー……ラマンていうとわたしはマルグリット・デュラスでデュラス超好きなんですけど一松くんのそれはデュラスのそれみたいな奔放な愛じゃなくてもうちょっと日本っぽい湿り気のある愛で、いやセックスの話じゃなくて(セックスの話でもいいけど)、家族に寄せる、じめっとした、しかし束縛的ではないある種のピーカンの突き抜けたあかるさすら含む、雨に濡れた苔がつやつやしているような愛……。一松くんの愛……。暗幕の底から光が湧き上がってくるようなふしぎな輝きのあるインクです。次いつ買えるだろうね……。

 

紫以外だと、

渚ミュージアムグレー

まず名前がひどいんだけど、そして渚ミュージアムという言葉に関係がありそうなのは次男なんですけど、でもこれ次男の色じゃないよね……。どこかに緑色の気配のある、暗めのグレーで、グレーには空のグレーと土のグレーと湿気のグレーがあると思うんだけどこれは確実に湿気の色、夜霧のなか何かを見つめようとする色。一松くんが芸術に行きたいという設定はぼかされたままでしたけどなんとなくちらほらあったと思ったんですが、兄弟とか好きなものとかを見ている一松くんの世界ってこんな感じかなーと思いました。

一松くんの魂の色は紫なんだけど、一松くんの視界の色は緑(松色)がかったグレーなんじゃないかな……。

 

きりがないやめよう。

万年筆は、紫軸は持ってないので、コンセプト重視で選びました。

パイロット コクーン

つるんと丸まったかたちが一松くんぽい。つるん、ころん、としていてかわいいし、意外と重いところもそれっぽい。するする書きやすい優等生でわたしこのニブが世界一いいニブじゃないかとすら思います不良個体がないという意味で。一松くんってそういう、優等生の鏡みたいなところあるよね……そして優等生の鑑なのにこれじゃっかんダサいし価格設定も微妙でそんなみんな買わないんだよね……。でもコクーンという名前がまずすごくいいと思うんですよ……超一松くん……。

というかこれ一松くんにあげたい。名入れもしてあげるね。

ラミー cp1

一松くんってわたしのなかでやっぱりこういう、優等生的で、さっぱりしていて、無駄な機能がなくて、そして万年筆っぽくない、っていうイメージで、余計なところにはみ出さないけどああ万年筆だねという評価もされないっていうか、そういう位置づけの万年筆です。派手な万年筆って派手だからってだけの理由で買うじゃん、ダサい万年筆は同時に安い万年筆だからみんなに使ってもらえるじゃん、一松くんは一見とっつきにくそうに見えてじつは単なる優等生だし、照れ屋だから俺万年筆ですよって言えないし、目立たない方がいいと思ってるし、でも可能な限り自分のできる範囲でかっこよくありたいみたいなそういう……。

一松くん……。

ラミーなんだよね……ラミーなんだよ……ラミーのゴツくないほうのプロダクトだし2000もたぶん超絶一松くんっぽい子なんだろうなと思います。ほしいー。

 

きりがないなこの話。あとペンケースの一松くんのところにはハイエースネオも差してあります。言いたいことはもうわかるだろ!?

 

 

というわけであと五回やります! 六つ子への愛と万年筆とインクへの愛が惜しみなくかけ流し温泉!

 

野生の万年筆屋店員が現れた!

をやるときのためのメモです。先に言っておくけどアフィリエイト記事だよ!

 

感想を送る送らないの話が長くなったし合間に仕事を噛ませたらやたら忙しくなってばたばたしてるので息抜きをさせてくれ。

 

万年筆、ちょっと気になるな……と言った瞬間、周りの人間がガッと立ち上がっておすすめを始めるという現象に遭遇したことはおありでしょうか。怯えなくても大丈夫です。

沼のどうぶつたちという共同askアカウントをやっているんですが、そこで万年筆関係の質問をいただくことが多くて、三匹の中だとわたし(鹿)は万年筆のスペックとか勧め方とかは雑なほうです。フワッとしたことしか言いません。なおこのアカウントは誰がこたえるかわからないというやつで、そう、鵺の穴さんを拝見して楽しそうだなと思ったんだね。でもコンセプトもテンションもノリもだいぶん違います。

というわけでいつもまじめに万年筆のスペックについて回答しているのは万事細かいことによく気のつく大抵魚なんですが(いつもありがとうな……)わたしそろそろ全部把握できなくなってきているので簡単なフローチャートを書いておきます。なんかてきとうにバージョンアップするかもしれない。しないかもしれない。めんどくさくてしない気がする。ていうかたぶんわたしがやるより丁寧に作れる人いっぱいいるはずだから、沼の二匹に限らず野生の万年筆店員はこれを叩き台にてきとうにそれっぽいのを各自作ったりする素材にしてくださって結構です。無断転載可。

万年筆沼に飛び込んで野生の店員によってたかっておもちゃにされたい人もご参照ください。

 

でも人によって押さえたい戦略は違うとは思う。

 

☆基礎知識

■万年筆とは

定義のくわしいことはナガサワさんのHPでも見よう!

鉄ペン(ペン先がスチール製)と金ペン(ペン先が金製)があります。金ペンは鉄ペンと比べてペン先が柔らかいので、最初は品質の良い国産の鉄ペンから入ってみるのがおすすめ。そう、カクノちゃんから入るのがお勧め。カクノちゃんはいいぞ。なんてったって不良品があった話を聞いたことがない。

■万年筆の管理は面倒ではない

顔料インクをペン先が乾きやすいペンに入れるなど、致命的なミスをしない限り、インクを入れっぱなしで数年放っておいても洗えば生き返ります。

■万年筆はそう簡単に壊れないし、現代の万年筆は現代人の手に合うように作られている

キャップをせずに床に落とすとかしない限り普通に書いていて壊れることはほとんどありません。ボールペン世代の現代人に合わせて筆圧をかけても大丈夫なように作られています。なおキャップをせずに床に落としても大抵生き返らせることは可能です。わたしはカレンさんをキャップをせずに落とした上そのあと振り回していて壁にぶつけて歪ませ二回ペンランドカフェの店長に呆れられました。何故名古屋にばかり持ち込むのかというと相方が住んでいるからです。

■でも整備不良は様式美

万年筆の不良個体も個性のひとつとしてあきらめましょう。専門店のペンクリニック(都市部にあり、企業による地方出張もたまにあります)に持ち込むと大抵どうにかなります。それでもどうにかならなかったら実家に送って部品交換だ!

■国産の万年筆は海外の万年筆と字幅の規格が違います

万年筆にはB(太字、国産はボールペンでいう1.0程度※あくまでも目安で、固体やインクや筆圧によって違います)M(中字、0.6くらいかな……)F(細字、0.5くらい)EF(0.3くらい)の字幅がありますが、国産の万年筆は細かい漢字を書きこみやすいように字幅を特に細く作られているので、海外の万年筆を選ぶときは一段階太いと見るのが妥当です。さらに海外万年筆は品質が一定じゃないのがデフォルトなのでこう……試筆して買おう! あるいは勘で買おう!

プラチナは国産の中でも更にもう一段細い印象です。細字ファンはプラチナがお勧め。

■万年筆とは

博打

■ついでに万年筆インクに付いて

インクの話を突っ込んでやろうと思ったらめちゃくちゃ長くなりそうだからあきらめた。気が向いたら今度別に立てる。基本的に水性インクです。水濡れで消えます。経年褪色もあります。そのかわりペンにやさしい。インクによって表面張力や粘度の関係でペンからの出方(インクフローと言います)が違い、色もいろいろあり、沼に沈むと水位が上がります。

顔料インクという、水濡れで消えないインクも出ていますが、取り扱いに注意が必要です。

そのほか没食子酸インクというものもありますが、とりあえずこの話は今回は割愛、プラチナとペリカンの純正ブルーブラックはこれです。

 

☆万年筆初心者のための最初の四つの質問

■普段手書きの書き物はしますか?

全くしない、書き物は嫌い→1へ

用途によってはすることもある→2へ

たくさんする→3へ

■万年筆を買うとしたら、用途は決まっていますか? あるいは、どこに惹かれましたか?

主に眺めたり持ち歩きたいので、たまにメモ書きに使うかも→1へ

とにかく書いて遊びたいだけなので、あまり決めていない→2へ

用途がはっきり決まっている→3へ

■好きな色は何色ですか?

■予算は何円くらいですか?

■自分でわかる範囲でいいので、筆圧や書き癖を教えてください。高い? 低い? 字は大きい? 小さい?

※この項を突っ込んで聞きたいのは山々で、軸は太いのがいい? 細いのがいい? ペンはどこ持つの? 先の方? うしろ? とかいろいろ聞きたいのはやまやまなのですがそもそもそこまで考えて文具選んだことねーよという人は多いと思うのでとりあえずそれは最初はいいということで……。

 

1、ふだんまったく書き物をしないけれど、万年筆ってなんかいいんじゃない? と思い始めた人の囲い込み方

「もしかして手書きって楽しいのでは?」と思わせることにつなげる(書き味の良いものを勧める)か「超かわいいからこれを持てるなら使うかどうかはどうだっていいや」から攻め落とすかは戦略次第といった感じです。ここで聞きたいのは「どうして書き物をしないのか」という点。

■そもそも生活のなかに書き物をする時間が全くない

「字とか会員カード作るときくらいしか書かないんだけど、でも万年筆かわいいよね」みたいな人には、何よりもまず外見重視で推していくのが正攻法ではないかと思います。「書く用事とかは作ればいいよ! ちょっといい紙を買って歌詞とか書こうよ!」からひたすらデザインと色と予算で絞り込んでいくのがよさそうです。ペンハウスあたりで色検索して好きそうな商品のアドレスを送り付けましょう。

■書き物をすると手がつかれる

「これまで使ってきたのが合ったペンではない」可能性があります。特に筆圧が高い人が手が疲れやすい傾向はあると思う。加えて筆圧の高い人は「ペンを潰しやすいから手書きは気が進まない、万年筆も壊すのではないか」と思っている人が多い印象なので、「硬いペン先」で「インクフロー渋め」で書き味書きやすさ品質ともに高い評価を受けているハイエースネオ、あるいはパイロットの中でもプレラカヴァリエあたりのインクフローの渋い商品、あるいはたとえ壊しても惜しくないし書き味は価格としては破格なプレピーあたりを勧めるのが順当そうです。サファリもまあまあ安牌ではないか。金ペンならエリート95S系(あるいはデッドストックやユーズドを勧めるという方向もありかと)の流線型のペン先のものは大抵ニブが硬いので筆圧が高い方にもお勧め。

慣れてきてからならともかく、しょっぱなからインクダバダバ海外万年筆やパイロットのそれ以外のラインナップの水鉄砲は微妙そう。

■自分の字が嫌い

万年筆を使ったら字が良くなるのでは? というのは幻想ですが、手に合ったペンを使うことによってぎこちなかった字がのびのびと書けるようになり読みやすくなるということはあり得ます。が、これまで「書く」とはどういうことか、どんなペンが好きなのか考えたこともなかった人だと思われますので、最初は「自分の字が嫌いでも、ペンとインクはきれいですよ! 誰に見せるわけでもないんだからそれで十分では!?」から攻め込みたいところです。ここはできれば書き味の点では日本人の手に合うことが織り込み済みの国産万年筆から、外観のデザインも優れたものをピックアップして推してみましょう。あるいはすべて忘れて美しさやコンセプトだけで殴りましょう。

 

2、書き物をしないわけではないけれど、たくさん書くわけではない人の囲い込み方

これはもう外観重視で推していくべきでしょう。こういう人が一番囲い込みやすいですね。

外観以外の選び方のポイントとしては、

■インクが滲んだり濃淡が出るのを楽しみたい人、すらすら書く感覚を楽しみたい人はM~Bの太字万年筆を

逆に言うと滲むのが嫌な人は太字は使わない方が。あと、太字は紙の裏にインクが抜ける「裏抜け」や、多少どころではなく判読困難なほどに読めないほどにじんでしまう現象が起こりやすく、ノートジプシーの旅が始まります。特にパイロットインクは「もはや水」と話題ですので太字万年筆と組み合わせたときすごい勢いでページの向こうへインクが抜けていきます。ダイナミック! わたしはパイロットエラボーSBにパイロット天色を入れているよ(わかる人にはわかるどうしてそんな冒険をしているんだ案件)!

■細かい字でメモを取ったり手帳に書きこんだりしたい人はFかEFが便利(海外万年筆はEFを選んだ方が安全)

よく手帳ユーザーでラミーサファリを毎年買っている人(※サファリは恐ろしいことに毎年新色が出ます)が、「今年のEFは本当にEFだったー! 手帳で使える!」って言っています(※サファリに使われているラミーの汎用ニブは個体差がめちゃくちゃ広く、うちのサファリはMなのにあきらかにFくらいしかありません)。太字だと小さな字は当然書けないし漢字も潰れちゃうので、細かい字を書きたい人は細字を買おう。

なおわたしは無理やりBや海外Mで手帳に書きこんでいるよ! それが太字ユーザーという生き物!

■いずれにしろ、専門店での試筆をお勧めします

高い買い物(基本的には)なので、買わずに「また来まーす」って感じで離れても別に何も言われませんし、かなりオープンな空間です。その場でお買い上げしなくてもちょっと試し書きいいですか~と声をかけると気軽に触らせてくれますし、「よく知らないんですけどお勧めしてください」とか「これいいけどここが気になる、もっとこういうのはないですか」と尋ねるとどんどん出して勧めてくれます。大丈夫、万年筆売り場にいるのは大抵万年筆を人に勧めるだけで幸せになれる人種です。

名古屋の方はペンランドカフェに行くといいよ! わたしが行った専門店の中でも特に敷居が低かったよ! カフェになってるからごはん食べれば「いっぱい遊ばせてもらってお金出さずに悪いなあ」みたいにもならないし……。

 

3、たくさんの書き物をする、運命の出会いを求めている人の囲い込み方

わたしだ。

何をどう殴ってもどうせ勝手に落ちる(あるいはどうせ全然合わないなと思って絶対落ちない、ガジェットオタクと万年筆オタクを兼任する人はさほど多くない印象)から別に囲い込む必要すらない気がしますが、とりあえず丸め込んで試筆に行かせましょう。一本くらい買うんじゃないですか。正直勝手に落ちるからやりがいはないよね! でもこの人、落ちたら最後次も買うかもしれないからね!

※参考 てがいたかった しかの おはなし

 

グッドラック!