小林大吾さんのこと、あるいは憂鬱な時に読むべき文章のこと

既知の人もしくは友人のように呼んでいますが単なるファンです。

小林大吾「小数点花手鑑

※アフィリエイター(年間二万くらいとはいえまあいちおう)のはしくれとして一応Amazonを貼りますが公式ホームページで買うとおまけがついてきます。なおAmazonのアフィリエイトプログラムは貼ったリンクから入ってほかのものを買ってもわたしの懐にシュッされますので良い意味でも悪い意味でもその旨ご了承ください。

※アフィリエイター、わたしがそこそこまじめにやると月間五千くらいで、真剣にやっている人の言によれは食えるくらいにはなるらしいですけど、わりとキツそうだし儲けようと思ったら反社会的な行動に結びつきやすいみたいだし業務上必要な反社会的な行動をとるとき(※取るべきではない)はせめて組織に所属していないとレッドカード即死なので、目指さないほうがよい職業のそれなりに上のほうには入ると思うと一応書いておきます

※わたしがまじめにやってないのは書影すら貼らないあたりから見てのとおりです

※収入源は指導とアクセサリーとライティング関係とそれ以外が4:3:2:1ってところで、2017年はせめて3:3:2:1:1になるのが夢です

※しょっぱい話は以上です、話が長くなったのでフリーランスで生活するとは何かというエントリを別で立てよう

 

一人暮らしをはじめてよかったことのひとつに、読みたい場所に本を積んでおけるというのがあります。今のところトイレには積んでいませんが、というのはうちはトイレのスイッチが変な場所についていてしょっちゅう消し忘れるので近頃トイレの電気をつけずに用を足しているので読むとすれば懐中電灯代わりに持ち込んだスマートフォンの画面で、SNSの類を眺めることがあるとすればこの時間で、つまりバックライトのついていないものは読まないということになります。

トイレ以外の場所にはひととおり積んでいて、といってもうちは狭いのでさほど積む場所はありません。玄関から入って、玄関にはゴミの日を待っているゴミと靴と傘と気に入って持って帰ってしまった電子レンジ(動かない、台としてはそれなりに有用だけど棚としては正直不便だけど気に入っているので一応しばらくそこにいる予定)があり、ここで寛ぐことはまあありません。ゴミを背にして椅子がひとつ置いてあってここは朝食を食べたり気分転換に座ったりするはずなんですが今去年出しそびれた資源ゴミが占拠しているのでいまのところここにも本は積んでありません。トイレには積んでないのは前述のとおりです。

さてここまできてどこに本を積んでいるのかというと風呂とキッチンとベッドと作業机です。もちろん本棚と本棚以外のところにも積んであるんですがそれは単に積んであるのであって、単に積んであるというのは現在進行形で読むつもりで積んでいるのではなく読む予定はなく徒に積んでいるのであって、今回の件とはあまり関係ありません。当ブログ用語でいうところの「情報共有制限」に類する本と雑誌がびっしりあって、あとは松尾芭蕉を中心とした日本史書がびっしりあって、あとは、えーと、おおむね読んだ本です。たぶん。買ったけど読んでない本がまだ実家にあると思うのでこんど拾ってきます……。

さて、風呂に本を積むと怒る人がいるのは知っているのですがそれは本に対する感性の違いの問題ですのでこの項目は飛ばすことをお勧めします。風呂に積んであるのが『銃・病原菌・鉄』と『泥棒日記』(再読)、わたしは風呂にいるとき一番コンディションがいいのである程度ややこしい本が読めます。ある程度ややこしいけど、でも風呂に入っているからメモが取れないので、メモを取らなくてもある程度書いてあることがわかる本がいい。風呂でぼけーとしているときにじゃあまあ読むかと手に取りやすい本がいい。あと文庫本なのでまあ濡れても大惨事にはならない。湿ってたわみますが。『銃』が終わったら積んでいる日本史料に戻る予定です。

風呂の話はこれで終わり。次はキッチンテーブルで、ここにはずっと伊藤比呂美と菊池成孔が置いてあります。ここに大野晋先生(日本語学を大学でちょっとやっていたころよく話題が出たのでわたしには大野晋先生はいつも大野晋先生です)が混ざっていることもあり、これはなんとなく「たましいのふるさと」というか、「実家」というか、そういうセレクトで置いてあって何回読んだかよくわかりません。伊藤比呂美で一番読むのは共著ですが『なにたべた?』、菊池成孔は『スペインの宇宙食』です。

キッチンテーブルの向こうに作業スペースがあって、まあ本は散らかってるんですが、読みかけだから積んである本は『物語論』『魔法昔話の研究』『はじめて考えるときのように』、あと情報共有制限、これは仕事の合間に疲れたときに読んでいるのと、仕事の一環で読んでいるのがごっちゃになっています。

ベッドサイドには『夜の果てへの旅』がずっと置いてあって、これは読んだんだか読んでないんだか正直よくわかりません。寝る前に本なんか読んでも内容は全然覚えていないのでただ美しい文章が美しいなあ~と思っているだけです。読み終わったらもうちょっとまともな状況で読みたいと思います。正直フランス人が書いた文章(の翻訳)を読むとほっとするので内容はなんでもいいんじゃないかという気はするんですが、そういう扱いをするべき本ではないことは重々わかっています。すいません。

家の中ではこんなところで、家の外ではkindleでアガサ・クリスティーを読んだり青空文庫をあさったりしています。

 

CDの感想を書くんじゃないかという話なんですけど、何の話をしているかというと「これだけ並列で読んでいて、ゴハンを食べるとき読む本の持ち合わせがない」ということです。ゴハンを食べているときはややこしい本は読みたくありません。文章の美しさでゴリゴリ来るものも正直食欲が失せる。食欲をかきたてるような文章もそれはそれで実際ゴハンを食べながら読むと気分が悪くなる時がある。

ゴハンを食べるという作業、そう、作業ですが、作業があんまり好きじゃないんだろうなと思うんですよね。だからゴハンを食べながら文章を読みたい。できるだけ罪のない、風のような文章を。

ということでそのような本の持ち合わせがない時、そう、今まさにそうですけど、ムール貝博士言行録を読んでいます。2013年の夏からみたいだからもう3年半くらい読んでいることになり、最新のエントリから読み始めて初投稿まで読むということをたぶん五回はやっています。という経緯でわたしはおもしろいブログないですかと聞かれたらこちらをずっと勧めてきたんですが実をいうとCDを持っていませんでした。

という話をしたら友達が誕生日にくれました。

 

小林大吾さんがCDというメディアを使ってどういうことをしてらっしゃるのかは正直説明がむずかしいのでブログをごらんになってくださいというかんじなんですけどもブログをごらんになってもわからないかもしれませんが、なにをやっているのかわからないという意味ではわたしも人のことはまったく言えないのでなんとなく全体的に把握してくれとしか言いようがないし全体的に把握するのが一番正しいのではないかと思います。ので説明はしないんですけど、CDとてもよくて、誕生日(11月)からこっち毎日聞いていて、気が付いたらほかの3枚のCDもどうにかして手に入れており、毎日聞いていて、ほんとうにいいんですがなにがいいかというとやっぱり「罪がない」だと思う。わたしの普段読む文章の中でこれだけ罪のない文章をこれだけの量書いている人はいまのところほかにふたりしか知りません。武田百合子と内田百閒です。

わたしが普段読んでる本、あるよね。罪が。

 

YouTubeで聞ける範囲だと「コード四〇四」を聞いたときはなぜか涙ぐんでしまってたいへんでした。

2016年にあったこと

ブログには何を書くんだっけ? という気持ちで机に向かっているところです。

 

向田くん(向田くんというのはわたしの非実在部下です)のask.fm経由で「もうブログは更新しないんですか?」と問われたのはずいぶん前なんですが、さてブログをもう更新しないのかというのは難しい問題で、そもそもこの場合求められている「ブログ更新」とは何のことなんだろう。

アニメの話をすると障りしかないということが現状まだ続いているので少なくとも向こう半年ほどはアニメの話はしません。夏になったら考えます。というわけで今のところアニメの話を求められても何もできません。以下(情報共有制限)と記述される項目に関しては以上の理由で向こう半年は言及しないと意固地になっている要件です。

あとTwitterをやめてしまったので話題の出来事についても特に情報が入ってこない。ここでいうやめてしまったのでというのは告知用のアカウントしか持っていないという意味です。年末まで一応交流用のアカウントがあったんですが年末に大掃除のついでに消滅しました。今はもう何もありません。正確に言うとLINEグループ的なものがひとつ生きていますがそれで終わりです。なお向田くんのask.fmもかつてのわたくしのask.fmと同じ経緯で閉鎖しております。さようなら、ハートフルなインターネット! というわけでわたしは世間様とのコミュニケ~ションをいまのところおおむねSkypeからの伝聞で成り立たせています。noteはみんな好きなことを好きにだるだる喋っている印象のほうがつよいのであまり情報入手SNSではないな。

 

このブログがアニメの感想と時事ネタでいちおう回されていたことを思うと(去年はほとんど告知しかしてないけど)ブログを更新するというのはそのへんを指すのではないかと思うけどそのあたりについては言及する気は全くないというかインプットをしていません。さようなら、ハートフルなインターネット!

 

去年は大量に買ってある(情報共有制限)関連書籍を徒に積み続けた以外の書籍の購入はアクセサリー製作関係と編物関係が中心で、編物関係に関しては執拗に「誕生日には編物の本をください」と言い続けたために17冊になりました、ありがとうございます。何らかの形でお返ししていきたい。というわけでアランニット関係の現行書籍をざっと買ったんですが特に良かったのはこの本。

Clooth-Na-Bare『アラン編みのちいさなニット: アイルランドの素朴な伝統模様を編む

アランニットの歴史と現在、いわゆるアラン諸島についての美しい写真、伝統ニットパターンとともに簡単な小物レシピがたくさん載っているという読み物として充実していて情報から手芸に入りたいタイプにはおあつらえむきの一冊です。読むところが多いレシピブックが好きなのでこれはとてもよかった。レシピもわかりやすい。

あとは積んであったロシア・フォルマリズム関係の本を崩したり買いなおしたり買い足したり、ロラン・バルトとかソシュールとか、大学生の頃に読んだんだか挫折したんだかというラインナップに再挑戦しつつ、そういや読んだんだっけ読んでないんだっけと言いながら日本近代文学をひっくり返しています。とりあえず漱石の短編の読み漏らしとかを浚ってる。なおわたしにとっての日本近代文学は「書いてある意味ぜんぶわかる」と泣きながら演習の準備の合間に読むもので学問としてちゃんとやったことは実はあんまりない(日本文学が専門だと思われることがちょいちょいあるんですが義務的にちょっと触れただけで別に専門ではない)。大学では言文一致をやっていたんですがそれも「日本近代文学・翻訳文学・新聞口語・落語」というラインナップでいちおう読むだけ読んだというだけで……。いちおう読むだけ読んだけど……。学問というのはいちおう読むだけ読む範疇がほとんどではないかという気もするけど……。

あと去年始めたのは、あまりにも「始めた」だけでろくにできていないので忘れていたけどホロスコープとトランペット。どっちも「音が出てすごい」とか「用語がちょっとわかる」くらいに留まってるけど。

 

こう書いてみると去年はずいぶん充実した年だったし、(情報共有制限)に言及するまでもなく書くべきことはいろいろあるという気もするな。どうせ動かないとわかっているのに押し続けていた石が唐突にごろっと向こう側に落ちたみたいな2016年でした。向こう側に何があるのかはまだよくわかりません。以下に去年あったことのまとめを書いていたら5月ごろまではすごくまじめにブログを書いていたことがわかり「なるほど、更新しないのかと言いたくもなるな」とちょっと思いました。

 

2月 観念してインターネットからお金をもらう手段を整える

4月 向田くんの誕生

5月 ウェブショップを開店

6月からゼミをはじめていろいろな進捗が爆発 勢いだけでトランペットを買う

8月 唐突にアクセサリーを作り始める(2012年に一瞬作っていたことがあるのでいちおう再開)

10月 唐突に編物を再開する(2011年ぶり)

11月 水泳を始める(たぶん高校生ぶりくらい)

12月 ジョギングを始める(十年ぶりくらい)

 

「昔やっていたこと」が多い人間だなあ。という感じです。まあ生活は完全に一変しました。2017年もこの風来坊同然の生活を続けるのか全てなかったような顔をしてインターネットから完全に姿を消すのかは神のみぞ知る。遊べるうちに遊びに来てね。

2017年の抱負

1、大都会に引っ越す

2、積んである資料を引っ越すまでにひっしこいて読む

3、断捨離(ダイエットを含む)

 

あとは喋る仕事と書く仕事と作る仕事のバランスを取って息をするようにするするやっているうちに一年が過ぎるんじゃないのかなと。

昨年中に始めた新しいこと(あるいは微妙にやったことはあったけどちゃんとやりはじめたこと)はオミセヤサンをすることと人前に出て講義をすることとジョギングとアクセサリー製作、再開したことはスイミングと編物。継続しているのはまるっきりノンフィクションの文章を書くことと短歌、あまりできなかったのは小説を書くこと、例年よりできたのは架空の男の演技。やめたのはask.fmとTwitter、はじめたのはnote。

こんなもんかしらね。去年は万年筆は頂いたものも含めて6本でした。